グッドデザイン賞で見つける 今、デザインが向き合うべき 課題とは

グッドデザイン賞の重要な役割の一つに、次なる社会に向けた可能性や課題の発見があります。フォーカス・イシューはこの役割を担うために生まれた、デザインがいま向き合うべき重要な問いを深めることに特化した取り組みです。

フォーカス・イシューでは、審査プロセスを通して探求すべきと考えるテーマを「イシュー」として設定。応募対象を観察しながら、これからの社会における可能性やデザインの役割と意義について思索を重ね、審査後に提言として発表します。

STEP
1
応募対象から次なる社会に向けた可能性や課題を発見
STEP
2
イシューを決定
STEP
3
イシューを基に調査・分析を実施、受賞者や識者との議論を重ねる
STEP
4
最終提言を発表
focusedissues2023_008

あらゆる新規事業が、グッドデザイン賞を目指すべき理由 – 林亜季

審査委員ではない外部有識者の立場から、すべての審査対象を見つめ、“うねり”を探ってきたフォーカス・イシュー・リサーチャー。3人それぞれの専門性や切り口から、審査プロセスに伴走する中で見えてきた気づきや視点について書いてもらった。今回は、フォーカス・イシュー・リサーチャーの林亜季が、ビジネスの視点から、デザイナーに限らずあらゆるビジネスパーソンがグッドデザイン賞を目指すべき、と明言するその理由を紐解きます。

2024.05.16
記事を読む
focusedissues2023_007

グッドデザイン賞という定点観測──野見山桜

審査委員ではない外部有識者の立場から、すべての審査対象を見つめ、“うねり”を探ってきたフォーカス・イシュー・リサーチャー。3人それぞれの専門性や切り口から、審査プロセスに伴走する中で見えてきた気づきや視点について書いてもらった。今回は、デザイン史家の野見山桜が、グッドデザイン賞という「今」のデザインを評価する活動の意義と、その可能性について考察する。

2024.04.17
記事を読む
focusedissues2023_006

経済合理性と公益性、環境配慮を両立させる、“全方良し”のビジネスモデル──Kuradashi・河村晃平 × 林亜季

2023年度フォーカス・イシュー・リサーチャーを務める林亜季は、グッドデザイン金賞を受賞したソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」を、「社会的にも、会社的にも、個人的にも『全方よし』のグッドデザイン、グッドビジネス」として興味深い事例に挙げた。ソーシャルグッドなビジネスであると同時にスタートアップとしても成功を遂げる同社のビジネスモデルはいかにして生まれたのか。取締役執行役員CEOの河村晃平に話を訊いた。

2024.03.29
記事を読む
focusedissues2023_005

人ならざるものの声に耳を澄ませ、流域の「共同体」を紡ぎ直す──麻豆大地芸術祭・龔卓軍 × 中村寛

「2023年度のフォーカス・イシュー・リサーチャーを務める中村寛は、グッドデザイン金賞を受賞した「One Thousand Names of Zeng-wen River, 2022 Mattauw Earth Triennial」を、デザインだけでなく人類学の観点からも興味深い作品として挙げた。流域の人間と人間以上のものの共同体を編み直した芸術祭はいかに生まれたのか。総合キュレーターを務めた龔卓軍(ゴン・ジョジュン)氏に、芸術祭の制作プロセスについて訊いた。

2024.03.21
記事を読む
focusedissues2023_004

勇気と有機のあるデザインを紐解く:2023年度フォーカス・イシューレポート公開

2023年度グッドデザイン賞を通して見てきたデザインの“うねり”「勇気と有機のあるデザイン」を生み出していく、9の視点と23の提言を公開

2024.03.15
記事を読む
focusedissues2023_003

いまなぜデザインに「勇気」と「有機」が求められるのか──2023年度フォーカス・イシュー テーマの背景意図

「勇気と有機のあるデザイン」──今年度より、目的・プロセスとも刷新し、新たなスタートを切ったグッドデザイン賞フォーカス・イシュー。「デザインのシンクタンク」というビジョンを掲げ、受賞作の背景にあるデザインの“うねり”を捉え、年度ごと「テーマ」に据える。2023年度、一連の審査プロセスを経て定めたテーマが「勇気と有機のあるデザイン」だ。この言葉の背景に込められた意図を詳述する。

2023.10.25
記事を読む
focusedissues2023_002

勇気と有機のあるデザイン:フォーカス・イシュー テーマ決定

今年度より、目的・プロセスとも刷新し、新たなスタートを切ったグッドデザイン賞フォーカス・イシュー。「デザインのシンクタンク」というビジョンを掲げ、受賞作の背景にあるデザインの“うねり”を捉え、年度ごと「テーマ」に据える。2023年度、一連の審査プロセスを経て定めたテーマ「勇気と有機のあるデザイン」。この言葉の意図とは。

2023.10.05
記事を読む
focusedissues2022

2022 - 動き続ける「いま」を問いなおす

フォーカス・イシューは、グッドデザイン賞の特別プロジェクトです。審査委員から選ばれたディレクターが、各自で定めたテーマをもとに、賞の審査を通じて得たインサイトを提言としてまとめ、年度ごとに発表しています。

2023.07.27
記事を読む
focusedissues2023_001

デザインの「シンクタンク」に。 グッドデザイン賞フォーカス・イシューを刷新した理由──新審査委員長・齋藤精一

グッドデザイン賞の審査を通じてデザインの新たな可能性を考え、提言する活動「フォーカス・イシュー」。2023年度グッドデザイン賞では、その仕組みが大きく変わる。今年度より新たに審査委員長に就任した齋藤精一が、フォーカス・イシューのアップデート内容と、そこに込められた想いについて語る。

2023.05.23
記事を読む
focusedissues2022_1_iishi

「自分たちが変える」という民主的な感覚を取り戻す。主導権を手渡し、つないでいくデザイン

いま世界では経済的な乱高下や疫病、戦争など、私たちが意図せぬ大きな出来事が次々に起こっています。社会の価値観が急速に変わる先行きの見えない世界で、変化する状況に柔軟に合わせながら動き続けるデザインとはどのようなものか。

2023.03.09
記事を読む